メラビアンの法則を使ってストレスのないコミュニケーション美人を目指そう!

メラビアンの法則を使ってストレスのないコミュニケーション美人を目指そう!

メラビアンの法則というのを知っていますか。人はコミュニケーションをとっているときに、ただ単に人の言葉だけを聞いているのではありません。言葉を聞きながら相手の話す言葉のトーンや、スピード、相手の動作や、顔の表情などからも無意識に情報を受け取っているのです。

 

その割合が言語7%、聴覚では38%、視覚は55%もあることから7-38-55ルールとも言われています

 

今回はメラビアンの法則を正確に理解し、コミュニケーションに上手にとりいれ、ストレスなくコミュニケーションするコツを紹介します。

 

メラビアンの法則の誤解

 

メラビアンの法則は、少し誤解されているところがあります。それは「話す内容より見た目の方が大事」などという拡大解釈です。この実験はそのようなことを伝えているのではありません。

 

実はこの実験は、

「好意や反感などの感情にまつわるコミュニケーション」のときに

「相手が話している言語情報と視覚・聴覚情報が一致していない」場合、

「受け取り手はどの情報を優先させるのか」

を検証したものです。

 

つまり、顔をしかめながら「ありがとう」と言ったり、怒った口調で褒められたりした場合、どこから受け取った情報を優先させるのか、ということです。

 

言語情報よりも視覚や聴覚情報から受け取った情報を優先させるので、顔をしかめながら「ありがとう」と言っても、聞いている方は「ありがとう」と言ってもらえた気がしないということですね。

 

メラビアンの法則をコミュニケーションに活用しよう

 

では、メラビアンの法則はどのようにコミュニケーションに活用できるでしょうか。3つのポイントをお伝えします。

 

伝えるときには表情豊かに

 

相手に何かを伝えるときに、無表情で伝えるのではなく、表情豊かに伝えた方が相手に伝わりやすいでしょう。

 

例えばデートの時に、相手から「楽しい?」と聞かれて、無表情で「楽しいよ」と答えても、相手は信じません。言葉は「楽しい」といっていますが、表情が楽しそうではないからです。言葉と表情を一致させて、楽しいときには笑顔で「楽しいよ」と答えるようにしましょう。

 

職場でも、上司からの指示に無表情で「はい。わかりました」と答えれば、上司はあなたが本当にわかっているのか、不満があるのかわかりません。あらぬ誤解を受ける可能性もありますので、柔らかい表情で「はい。わかりました」と伝えましょう。そうすれば誤解を招くこともありません。

 

言葉にも感情を込めよう

 

聴覚情報も38%と多くを占めます。聴覚情報とは声のテンポ、トーンや強弱、話すスピードなどです。

 

例えば感謝の気持ちを伝えるときに棒読みで「ありがとうございます」と言っても、気持ちは伝わりませんね。面接のときなどでも「私は明るく、積極的で…」と話している人の声のトーンが暗ければ、聞いている方は真実だと思いません。

 

今話している言葉にふさわしい感情を言葉に込めます。するとミスコミュニケーションが少なくなるでしょう。

 

もちろん見た目も大事

 

「なるほど、メラビアンの法則とはそういうことか。じゃあ、見た目は気にしなくていいのね」と、一瞬でも思ったあなた。いえいえ、見た目が大事なのは変わりません。

 

例えば、「美しい髪のお手入れ方法」の講座をしている人がいたとして、その講師の髪が痛んでいたら、その人が何を言っても耳に入ってこないでしょう。

 

何かを伝えようとするときは、それにふさわしい服装というのもありますよね。視覚からの情報は55%もあり、見た目も表情と同じく「視覚」の範囲内です。

 

ストレスのないコミュニケーション美人に

 

今回はメラビアンの法則と、それを使ったコミュニケーション方法を紹介しました。私たちはすべての感覚を総動員して相手とコミュニケーションをとっています。そのときに、言語、聴覚、視覚に矛盾があれば、無意識的に「あれ。おかしいぞ」という感覚を持つでしょう。

 

そのような「ちょっとおかしい」という感覚はコミュニケーションのストレスにつながります。それを事前に防ぐために、言語・聴覚・視覚情報を調和させてください。すると、スムーズにコミュニケーションが取れるようになるでしょう。

 

 

Contactお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちらから。
貴方のお悩みに心から向き合います。どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

Contact