知るのが怖い毎月の収支!?自分の支出をきちんと把握するところから始めよう!

知るのが怖い毎月の収支!?自分の支出をきちんと把握するところから始めよう!

あなたには将来「これがしたい」という計画がありますか?あるのなら今すぐ自分のお金の収支を把握しましょう。

 

「今はまだ何かしたいということがない」という人でも、自分のお金の収支を把握しておくことでお金の現在地がわかります。お金の現在地がわかると、目的ができたときに目的地までの距離がわかるでしょう。

 

距離がわかれば、そこに向かって行くにはどのくらいかかるか、どのようにして向かって行けばいいかなどがはっきりします。

 

つまり、どんな人でも今の自分のお金の収支を把握することはとても大切ということですね!

 

お金と面と向き合うことは避けていたけど、もうそろそろ向き合わなきゃと思った方必読ですよ!

 

知るのが怖い!?お金の現状

 

家計簿をつけている人は、ばっちりご自分のお金の流れを把握していることでしょう。しかし、家計簿をつけたこともないという人は、もしかしたら毎月どのくらいのお金を自分が使っているのかも知らないかもしれません。

 

お金の現状把握は大切だということは分かったけれど、知るのが怖い!!

 

そんな人もいるでしょう。「知らぬが仏」という言葉もありますが、この場合、この言葉は当てはまりません。今自分がどこに立っているか知らなければ、今後どの方向に進んでいいのかもわからないからです。

 

「自分のお金の現実なんて見たくない!」という人ほど、今事実を把握することが重要です。どのくらい使っているのかも知らなければ、毎月どのくらいお金が残るのか、もしくは残らないのかもわかりませんよね。

 

まず固定費を計算しよう

お金の現状を把握するためにはまず支出から、それも固定費から計算しましょう。固定費とは、家賃やローンなどの毎月一定額支払うお金のことです。

 

例をあげると

・住宅関係(住宅ローンや賃貸料、駐車場代など)

・保険料

・新聞代

・学費関係

などです。

 

このような、毎月決まって出ていくお金を計算してみましょう。最初は面倒でも一度計算しておけば、毎月決まっているお金なので、次から計算しなくてすみます。

 

変動費を計算しよう

次に変動費です。変動費は、毎月出ていくけれども、その金額が変わるお金のこと。

例えば

 

・光熱水道代

・ガソリン代

・携帯代

 

などです。

もし、携帯のプランに加入していて、お支払いが毎月一定額だとしたら固定費の方に入れてください。

 

・食費

・交通費

・レジャー費

などは変動費ですが「やりくり費」と分類する方法もあります。項目は何であれ、ひと月でどのくらいの支出があるのか把握できれば大丈夫です。

 

変動費は毎月変わりますので、とりあえず先月何にいくら使ったか計算してみてください。覚えていなければ、今月分、それも覚えていなければ、今日から買ったものをメモしたり、レシートを捨てずにとっておきましょう。

 

あなたの収入は月にいくら

収入は把握しやすいですね。特にどこかにお勤めされている方は、毎月の収入がそこまで変動しないでしょうからご自分でわかっていると思います。

 

個人事業主の方は毎月の収入に変動があるでしょうし、複数のお仕事をしている方はAの仕事ではいくら、Bの仕事ではいくらと足していく必要があります。ご自分の収入の平均をつかみましょう。

 

すると、お金の現在地がわかります

では収入から支出を引いてみましょう。どうでしょうか?あなたが思っている通りの金額が残ったでしょうか。それとも思ったより多かったでしょうか、少なかったでしょうか。

 

それが今のあなたのお金の現在地です。

 

お金の現在地を知って「まずいな」と思った人。よかったですね!今そう思えて。まずいと思うのならこれからどんどん改善していけます。まずは今回、お金にきちんと向き合えた自分を褒めましょう。

 

自分の支出と収入をきちんと把握して、お金の現在地を知り、しっかりと現実を把握しましょう。そしてもう少しお金の勉強が必要だと思ったときには、もしよかったら私の開催している「お金と心のセミナー」に参加してみてはいかがでしょうか。Zoomで開催していますので、全国どこからでもご参加いただけて、なんと参加費無料です。今まで2,000人の方に参加していただいた人気のセミナーです。

 

いつからでもお金の勉強はできます。しっかりとお金の知識をつけて、よりよい未来を創っていきませんか。

 

お金と心のセミナー詳細ページはこちらから

 

Contactお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちらから。
貴方のお悩みに心から向き合います。どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

Contact