これを知らないとお金は手に入らない!

これを知らないとお金は手に入らない!

 

「お金がほしいですか?」と聞かれれば、ほとんどの人が「ほしい」と答えるでしょう。

「お金なんか絶対にいりません」と答える人は、いないこともないでしょうけど、ごくわずかだと思います。

 

でも私たちはどうしてそんなに「お金」がほしいのでしょうか。私たちの本当にほしいのはお金そのものなのでしょうか。それとも実はほかにほしいものがあるのでしょうか。

 

お金とはただの紙切れ

 

お金はただの紙切れです。昔の紙幣は、金と交換できる「兌換券」だったそうですが、今の紙幣は金と交換できません。ただの紙切れです。しかしみんなが「日本が発行しているこの紙切れはお金だ」と信用しているので、お金として通用しているのです。

 

なので、もし信用がなくなったら紙幣は本当にただの紙切れになります。

 

ほしいものはお金の先にある

 

ちょっと回りくどくなってしまいましたが、つまり私たちはお金という「紙切れ」がほしいんじゃないよねということを言いたかったのです。

 

私たちがほしいものは、そのお金の先にあるものですよね。

 

それは例えば、ほしい車だったり、ほしい洋服だったり、家だったり、行きたい旅行だったりでしょう。お金があればそれらが簡単に手に入ります。

 

そして、そこで終わりではなくて、私たちが本当にほしいものは、「そのモノ」ではなく、「そのモノ」を手に入れたときにどう感じるかの「感情」ではないでしょうか。例えば満足感だったり、充足感だったり、幸せ感だったり。

 

そこを考えずに「お金」を稼ぐことに躍起になってしまうと、お金に振り回されることになるでしょう。本当にほしいのは「満足感」や「充足感」なのに、「お金」がほしいと勘違いしていたら、いくらお金を稼いでも、まだまだ足らないと思うかも知れません。

 

本当にほしかったのは家族との団らんや安らぎだったのに、それがわからずお金を稼ぐのに一生を費やして、結局何の満足も得られない人生になる危険性もありますね。

 

お金というのは目的ではなく、本当の目的を手にいれるためのツールでしかないのです。そこをはっきりと確認しておきましょう。

 

お金の先を考えることでお金が集まる

 

なので、「お金・お金」と思うよりは、「私はお金というツールを使って何を手に入れようとしているのだろう。そしてそれを手に入れたときに感じるどんな感情を味わいたいのだろう」と考えてみてください。

 

お金そのものに焦点を当てると、お金の限界にぶつかります。しかし、お金の先にある、本当に望んでいることに焦点を当ててワクワクしていると、不思議なことにいつの間にかお金も手に入るようになるでしょう。

 

そして、もしかしたら、自分の本当に手に入れたいものは、お金がなくても手に入れられるものだったと気づく人もいるかも知れませんね。

 

お金はもちろんあった方がいいですが、やみくもにお金がほしいと願うのではなく、お金の先にある何がほしいのだろうかと一度考えてみることをおすすめします。

Contactお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちらから。
貴方のお悩みに心から向き合います。どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

Contact