今の仕事をしながら楽しく豊かになりたい人へ

今の仕事をしながら楽しく豊かになりたい人へ

 

今回は、「会社勤めで毎日が単調、面白くない」「もっとお給料のいい仕事につきたい」「毎日仕事に行くのが面倒」「もっとやりがいのある仕事につきたい」そう思っているあなたに向けた記事です。

 

一日のうちの大半を仕事に使っているので、仕事が面白くないと人生もつまらないですよね。仕事は仕事と割り切って、仕事の時間は作業をこなし、余暇の時間を思い切り楽しむ。そんな生き方もあります。

 

しかし、できれば仕事の時間も楽しい方が、人生がより充実するのではないでしょうか。そして仕事を楽しくしながら自分も豊かさを感じられたらなお楽しい!今回は、仕事が楽しくないと思っているあなたに、今の仕事をしながら楽しく豊かになる方法をお伝えします。

 

あなたは会社の役に立っていますか?

 

まず、質問です。

 

あなたは会社の役に立っていますか?

 

あなたが今「つまらない」「面白くない」「やりがいがない」と言っている会社でも、会社はあなたにお給料を支払ってくれています。

 

「今の仕事をしながら楽しく豊かになる方法を教えてくれるって言ったのに、なんで急にそんなことを聞くの?」と思うかもしれません。

 

しかし、考えてみましょう。会社も、その会社の役に立たない人にはお金を払いたくありませんよね。あなたは会社がすすんでお金を払いたくなるような人物でしょうか。豊かさの循環は「もらう」ことより「与える」方が先です。あなたは先に会社に「与え」ていますか。

 

「つまらない」「面白くない」「やりがいがない」

ほら。これ。すべて「ない」ですよね。「ない」を言うとどうなるんでしたっけ?

そう!「ない」がもっと引き寄せられます。

 

つまり今の仕事をしながら楽しく豊かになろうと思えば、この「ない」を先にやめることです。

 

仕事と主体的にかかわってみたら?

 

「でも、本当に仕事が面白くないんです」

そういう声も聞こえてきそうですね。

仕事を「ただ与えられただけの作業」「こなさないといけないノルマ」「誰にでもできる仕事」そう思えば面白くなくて当たり前です。

 

受け身の姿勢では、どんな仕事も楽しくなく、やりがいもありません。

 

仕事を面白くするためには、もっと主体的に仕事とかかわりましょう。たとえその会社のバイトだとしても、経営者目線で考えてみてください。どのようにすればもっと効率化できるのか。どのようにすればもっと経費削減できるのか。どのようにすればもっとみんながやりがいをもって仕事ができるようになるのか。

 

もし、データ入力などの単純作業をしているのならば、それを自分で「ゲーム化」してはいかがでしょうか。自分で時間を計って、過去の自分の記録を破りましょう。いつもより早くできたときは、余った時間でほかの人のお手伝いをしてください。するとあなたはもう「いなくてはならない存在」になっていますよ。

 

豊かさの循環を目指そう!

 

「返報性の法則」というのがあります。これは誰かから何かしてもらったらお返ししないといけないと思う心理のことです。

 

誰かの役に立つということは、誰かに何かを「与えている」ことになります。それをもらった人はあなたに何かを返したいと思っているはず。それが循環して、あなたの周りが豊かさで満たされます。

 

今の会社で、自分の工夫によって仕事を面白くして役に立つ自分を目指しましょう。すると周りの人からもお返しが返ってきて、豊かさが循環します。今の仕事をしながら楽しく豊かになりたい人は試してみてくださいね。

Contactお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちらから。
貴方のお悩みに心から向き合います。どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

Contact