お金のブロックを外す方法~お金を支払うときにどんなイメージをしていますか~

お金のブロックを外す方法~お金を支払うときにどんなイメージをしていますか~

 

みなさんはお金を支払うときにどんなイメージをしていますか?

 

「またお金が減る」「お金がなくなる」「これだけ使うと不安だな」「今月足りるんだろうか」

そんなことを考えながらお金を使っていませんか。

 

そう考えていると、そういう現実が引き寄せられますよね。

 

「それは分かっているんだけど、でも不安になっちゃう」そういう声が聞こえてきそうです。

 

そんなときは、お金を支払うポジティブ面に目を向けてみましょう。どうせ支払わないといけないお金でしたら、気持ちよく楽しく支払いたいものですよね!

 

支払ったお金ではなく手に入れたものを見る

 

最初は、これです。あなたがお金を支払うのはその対価として何かを得たいからですよね。日々の食材の買い出しも、スーパーがあるから簡単に手に入ります。お金を支払った分だけ、野菜や魚や肉が手に入るでしょう。その手に入ったものに注目します。洋服を買ったなら洋服が、化粧品を買ったなら化粧品が手元にありますよね。

 

ランチに行けば、お金を払ってそのランチを手に入れられます。

旅行などは「体験」を買っています。何も手元には残りませんが、体験と思い出が残るでしょう。

 

すべて、お金を払って何かを得ているのです。支払って、なくなったお金に注目するのではなく、支払って得たものの方を感謝の気持ちをもって注目しましょう。

 

支払ったお金が誰かの役に立つと考える

次に、自分がお金を支払うことで、そのお金が誰かの役に立つということに目を向けましょう。

 

例えば先ほども出てきたスーパーマーケット。スーパーで私たちは簡単に物を買うことができますが、スーパーに並ぶまでたくさんの人を経由して商品が並んでいます。例えばキャベツ一つとっても、生産者さんがいて、流通の人がいて、キャベツを実際に運んでくる人がいて、スーパーの店員さんがキャベツを棚に並べてと、さまざまな役割の人たちがいます。

 

私たちがスーパーで払ったお金はその人たちの役に立っているのです。

 

そう思うとちょっと誇らしくなりませんか。お金を支払って、「またなくなった」と考えるより気持ちがよくありませんか。

 

支払ったお金で豊かさを流している

 

支払ったお金は誰かの役に立っているということを大きい視点で見ると、あなたのお金は社会の役に立っているということです。

「自分のこのお金で、社会を豊かにしているのだ!」と思うと気分があがりませんか。

 

お金を市場に流さないと、社会の経済状況はよくなりません。「私のお金が少しでも日本の経済状況向上の役に立っている。私が豊かさを回している」そう思うと楽しくさえなってきます。

 

でも忘れちゃうんだよね

このような考え方を読んだり知ったりしたときには、「わあ!私も早速実行しよう」とは思うものの、次に買い物に行くとすっかり忘れていたりします。そしてまたお金を支払うときに嫌な気分になるのです。そして嫌な気分になってから、「ああ。そういえばあんな考え方があったな」と思い出します(笑)

 

最初はそういう感じでもいいのです。脳は急には変わりません。ゆっくいでいいので、新しい考え方をインストールしていきましょう。

 

意識しているうちにだんだんと変わってきますので、忘れていてもその都度思い出せば大丈夫ですよ。

 

お金のブロックについては次回のセミナーで詳しく解説致します。
ワークもありますので、この機会に学んでください。

イデコ&ニーサのお勉強も一緒にしておきましょう。

「お金と心のセミナー」

6月22日(火)
時間 13:30~15:30
参加費 無料

テーマ
・iDeCo&NISA&積み立てNISA
・お金のマインドブロック
お金と心のセミナーに申し込む (6月22日)
詳しくはこちらをご覧ください

————————————–

7月15日(木)
時間 20:00~22:00
参加費 無料

テーマ
・iDeCo&NISA&積み立てNISA
・お金のマインドブロック
お金と心のセミナーに申し込む (7月15日) 
詳しくはこちらをご覧ください

————————————–
 7月24日(土)

時間 13:30~15:30
参加費 無料

テーマ
・iDeCo&NISA&積み立てNISA
・お金のマインドブロック
お金と心のセミナーに申し込む 

Contactお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちらから。
貴方のお悩みに心から向き合います。どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

Contact