「年収103万円の壁」あなたはいつその壁を超えますか?

「年収103万円の壁」あなたはいつその壁を超えますか?

 

パートで働いている方はよく「103万円の壁」という言い方をするかと思います。「パートは103万円までに抑えましょう」とか、「103万円を超えて働くと結局損する」とか聞いたことがありますよね。

 

そのためパートの収入は103万円以内に収めているけれど、実際に103万円を超えると何がどうなるかご存じでしょうか?

 

今回は年収103万円の壁とは何かを説明し、その壁を超える勇気があるかどうかをお尋ねし、そしてその壁を超えるヒントを紹介します。

 

現状を変えたい!と思う人はぜひ読んでみてください。

 

年収103万円の壁とは何か

 

 

年収を103万円以内に収める理由は、ズバリ!夫の扶養に入り、所得税も社会保険料も払わなくていいようにするためです。また、夫の会社の制度や年収によって異なりますが、妻の収入が103万円以内だと、夫の会社から配偶者手当が出ることが多いでしょう。

 

もし年収が103万円を1円でも超えると、所得税を払わなくてはなりませんし、配偶者手当ももらえなくなるかもしれません。

 

*社会保険料の支払いが発生するのは年収106万円以上となります。(条件によって異なります)

 

あなたはこのまま103万円の壁の前で何もしないのでしょうか

 

このように、年収を103万円に抑えると、さまざまなメリットがあります。しかし、メリットばかりでもありません。

 

働くことが楽しくて、仕事にやりがいを感じている人は103万円の壁を超えて働きたいと思うでしょう。

103万円だと月に8万5千円くらい。それくらいの月収では、いろいろな支払いをすると残らないという人もいますよね。

何をするにしても、夫からお金を出してもらわなくてはいけないので、いちいちお伺いを立てるのが面倒という人もいるでしょう。

 

もしも、今のままの収入で、幸せで満足しているというのならばそれでいいと思います。しかし、もし、現状に何かしらの不満があるのならば、この103万円の壁を超えることも選択肢の一つに入れてみませんか。

 

103万円の壁を越えたら待っている世界とは

 

想像してみてください。

103万円の壁を越えたらどんな世界が待っているのかを。

 

今まで、支払いを心配していた生活ではなくなります。

旅行に行きたいと思えば、お金の心配をせずに行くことができます。

洋服や化粧品も、ほしかったブランドの物が買えます。

それでいて、貯金も今までよりも増えるでしょう。

 

そういう世界に行ってみたいと思いませんか。それとも103万円の壁にはばまれて、その中で今までと同じ生活を続けますか?

 

103万円の壁を越えませんか

 

103万円の壁を超えるのなら、働き損と言われる130万~150万円以上の収入を目指しましょう。この130万~150万円のラインは、国民健康保険料と国民年金、その他もろもろの支払いを考えると、働いたのにその分納めなければいけない金額の方が多くなります。

 

ですので、103万円の壁を越えようと思えば、この130万~150万円のラインも超えることを目指しましょう。

 

「103万円を超えた世界に行きたいけれど、今の状況では無理かも」

「そんなことが私にできるかしら?」

そう思う方は多いでしょう。

 

そんな方に向けて、ファイナンシャルプランナーでもあり、心理カウンセラー、メンタルコーチである私が、新しい働き方を提案いたします!

 

103万円の壁を越えて、新しい世界に入ることを想像するとワクワクしませんか?現状を変えたいと思っているのならこちらのページをご覧ください。

「お金も時間も好きに使いたい!アラフィフ世代だから可能 自分らしい稼ぎ方講座」をご案内します!

 

 

 

Contactお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちらから。
貴方のお悩みに心から向き合います。どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

Contact