国民年金《学生納付特例制度》子どもが20歳になったお父さん・お母さんへ

国民年金《学生納付特例制度》子どもが20歳になったお父さん・お母さんへ
先日息子にも、このような用紙が届きました。

忘れていたけど、そういえば、
20歳になったら、国民年金の加入が義務付けらているんでした。


まだ学生なのに、月々毎月16,540円というかなりの負担額です。。。


というわけで、今回は《学生納付特例制度》を利用することにしました。

 

この用紙を出しておくことで【未納】とはならなく、猶予されます。

《学生納付特例制度》をしておくメリットは、障害年金がもらえる状態になった時に、
年金を支払ってないのにもも関わらず、保障があるということです。
障害年金として、その状態が続く限り一生受け取ることができます。
障害1級 974,125円
障害2級 779,300円

 

障害の程度にもよりますが、年間約80万円~97万円支給され、
仮に80歳までもらったとししたら、4800万円~5800万円が支給されるのです。

何もしなければ未納状態となり、
たった紙切れ一枚でこのメリットを受けられますので
放置せずに、学生納付特例制度の申請をしておいてください。


※《学生納付特例制度》は年金の支払い期間には含まれますが、年金額はその分すくなくなります。
※ 後から追納すること可能です
※ 親が支払ったときには親の社会保険料として控除対象となります。


色々注意事項もありますので、是非チェックしてみてください。


============
お金と心のセミナー開催中
https://abundance365.jp/seminar/

Contactお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちらから。
貴方のお悩みに心から向き合います。どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

Contact